プロフィール
名前:ウルモフ
年齢:半世紀
誕生日:12月5日
性別:おとこ
メールアドレス:takumi0047@hotmail.com
一言:ようお越し 岩お越し またお越し

2004年11月05日

タブセユウタ

日本人は初のNBA選手!
開幕の12人に残って、開幕戦10分間の出場で7得点!
173センチの身長は、本当に小さいね。
新聞の写真にチームメイトと写っていたけど、頭ひとつ?いやふたつは小さいな!
こんな大男ぞろいの本場のプロの中には入れたなんて、素晴らしい事やね。

なんでも最初にチャレンジする人は凄いと思う。
大リーグでは、大昔にマッシー村上投手がフロンティアなんだけれども、それなりの活躍だったのかな?フィーバーしなかったようやね。
今の、大リーグでの日本人のフロンティアは野茂英雄投手やね。
バファローズにいた頃も凄い投手だったけれども?(良いことも悪いことも)
大リーガーになって、一変に日本人の目を大リーグに向けさせて功績は凄いな。
来シーズンも、大リーグに行く選手はたくさんいるようだけれども、往ったきりにならないで、新庄選手のように戻ってきて、大いに活躍して欲しいな。
でないと、日本のプロ野球が萎んでいく様な気がしてならないな。
逆に、いろいろな選手に出番が増えて活性化するかな?
プロ野球機構も、チーム数を減らすほうへ行かないで、増やして未知なる選手を開拓する気構えで考えて欲しいものです。
12球団が14,16球団へと増えると面白いですよね。
posted by ウルモフ at 14:57| 大阪 ☀| Comment(2) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
田臥勇太、すごいすごい!。
僕、彼の能代工業時代に、高知インターハイで実物(笑う)のプレーをコートサイドで見てるんですよ!。
何を隠そう、その年、僕もチームを連れてインターハイに出たモンで!(わりと自慢!)。
実際には、野球のように次から次へとNBAで活躍する日本人選手が登場するというのは難しいとは思いますが、
しかしそれでも、頑張った先に可能性があることを身をもって示してくれた田臥の努力は、
大変な評価に値すると思うし、
日本でプレーをする若きプレイヤーたちに勇気を与えてくれたと思います。
頑張れ、サンズ田臥!。

で、四国リーグだの東北リーグだのと、
現在のプロとは別のプロ団体が設立されるようだけれど、
現在のプロ野球機構とどのへんで手を打って、うまく共存していけるのか、
難しい面もたくさんあるんだろうなぁ〜。
でも僕としては、新しい試み、新しい挑戦は大いに歓迎します。
伝統だの歴史だのばかりを強調するじ〜さんたちを、
けっとばせ〜っっっっ!(爆)。
Posted by せんせい at 2004年11月06日 13:18
せんせいの学校もインターハイに出場!
凄いですやん!
今コマーシャルで、田臥選手の学生時代のプレーを放送してますが、やっぱり凄いね。
我が家も、僕を除いた弟2人と妹はバスケットをやってました。

もうちょっとしたら、ドラフト会議がありますが、1年間に100人もプロになれないですよね。
独立リーグは、いいと思いますよ。
社会人野球もチーム数が減っている現状ですから、野球を遣りたい人たちの受け皿になると思います。
イタリーではサッカーに関係している人が人口の6人に1人いると聞きました。
せんせいの言う様に新しい試み、新しい挑戦を望みます。
Posted by ウル at 2004年11月07日 00:03
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

この記事へのトラックバックURL
http://blog.seesaa.jp/tb/966691

この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。