プロフィール
名前:ウルモフ
年齢:半世紀
誕生日:12月5日
性別:おとこ
メールアドレス:takumi0047@hotmail.com
一言:ようお越し 岩お越し またお越し

2004年12月02日

牛肉トレーサビリティー法

12月1日から始まった法律です。
国産牛の生産履歴が小売店から牛肉料理専門店拡大されたんですって。
店頭に10桁の固体識別番号が表示され、携帯電話やパソコンで自分の目で安全性が確認できるそうです。
でもね、それって必要なんですかね?
国産牛は狂牛病のぜんとう検査をされていますよね。
なのに、輸入肉やミンチ肉は対象外なんです。
狂牛病で問題なのは輸入肉ですよ。
何の為の法律でしょうね?
この法律の施行にあたって、かなりコストがかかっているはずです。
それって、税金でっせ!
また、個々のお店も手間かかりまっせ!
ところが、牛丼屋さんやファミリーレストランは適用外なんですよ。
なんか変な法律です。
posted by ウルモフ at 01:04| 大阪 | Comment(4) | TrackBack(1) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
ホントに変な法律ですね。
初めの一歩なのかな?
名前も長くて、覚えられないわ。

この法律で、だれか、得する人いるの?
Posted by nami at 2004年12月02日 22:54
トレーサビリティー
ってどういう意味?

なんか建て前と本音がみえみえ…って感じ。
Posted by くぅ at 2004年12月03日 11:10
tracability かな?。
自信ないですけど。

trace は動詞で「〜の跡をつける」「追跡する」という意味があります。
ability は能力とか。
つまりは、お肉の出所をさかのぼって明らかにすると言うような意味なんでしょう。

外来語の日本語への言い換えを審議している真っ最中に、
また現れる外来語、しかも政府が率先してやってるんだからタチが悪いです。

法律なんて、議員や官僚のためにあると思えば間違いありません。
「何の得?、誰の得?」、答えは出ています。
Posted by せんせい at 2004年12月04日 09:53
さすが英語の先生ですよね!せんせいは!

ホントやね、判り難い英語の表記を日本語に直すって言ってましたが・・・

Posted by ウル at 2004年12月04日 23:56
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:


この記事へのトラックバック

牛肉トレーサビリティ法
Excerpt: 平成16年12月1日から牛肉の販売業者や特定料理提供業者にも「牛肉トレーサビリティ法」が施行されることになりました。これによって特定料理提供業者は個体識別番号(又はロット番号)の表示と帳簿の備え付け、..
Weblog: PUICPブログ
Tracked: 2004-12-02 15:21
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。